聡くんの成長を見守りたいオトナ。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

ミチル

Author:ミチル
初めて「ジャニーズ」を知ったのはたのきんトリオ。中学生の頃光GENJIがデビュー。以降、さまざまなグループがデビューするも、ファンになるまでには至らず。

なのにすっかりオトナになった30代半ばでKinKi Kidsにハマり、30代最後の年にSexy Zoneにもハマる。大人ファンでございます。

KinKiは2人まるっと大好き。Sexy Zoneは松島聡くんを中心に成長を楽しませてもらってます。

最新記事
月別アーカイブ

サマパラ記事あれこれ

サマパラレポ記事の載った雑誌が次々発売され始めましたね♪

私が石油王の妻だったら、迷うことなく全買いですが、いや、それ以前にCSのチャンネル買い取って、これがほんとのSexy Zone CHANNELやっちゃいなよYOUたち!ってなもんですが、しがない会社員なもんで、買ったものだけ記録します。

●女性自身 9/5号(20170822発売)

モノクロなのが非常に惜しいっ( ;∀;)。とはいえ、ふまけんしょりで1ページ、聡マリで1ページくださっているので買ってしまった。

聡ちゃんのソロショットはKAGUYAのシーンね。「聡は得意なダンスを極め妖艶さをプラス。」とのコメントがうれしい♪

スイガル衣装、オープニング衣装のツーショットのほかに、自身さんも好きねぇ・・・( *´艸`)と思ったのがココ。マリちゃんが聡ちゃんをお姫様抱っこしてチュー顔してる写真と、PPのときかな?聡ちゃんがマリちゃんを見上げながら顎クイしてるお写真を載っけつつ、「~略~マリウスから聡へのキスや、聡がマリウスにあごクイするなど、2人の愛は止まらなかった」

2人の愛は止まらなかった(エコー)

本当に幸せ空間だったもんなぁ。そこは否定しませんっ(*^^*)

●TVガイド 8/26号(20170823発売)

勝利くんと聡マリのサマパラレポ。ちょりのページには、見学でMCに登場したふまそうも載っていてうれしい♪

ガイドさん、写真をたくさん載せてくださってますね。マリちゃんへの顎クイもこちらはカラー♡聡ちゃんソロとしては、MermaidとHurry up!が。「松島は、得意のダンスを一気に見せる演出もあり~略~」「~略~ダンスを得意とする松島も、さらにセクシーでアグレッシブなパフォーマンスを披露するなど~略~」と、彼のダンスが武器であることをあちこちの記事で書いていただけて・・・( ;∀;)

影絵、エンディングの聡マリツーショット、聡ちゃんからの直筆手紙もしっかり収めてくれているところ、さすがガイドさんわかっておられるなぁ。密度の濃いレポをありがとうございます♪

●月刊TVガイド 10月号(20170824発売)

各々のサマパラ1ページずついただけてますね。聡マリページで一番大きい写真が、聡マリ姫抱っこ(マリちゅー)っていう・・・好きねぇガイドさん(^w^)。

PPの絡み合う振り部分や、背中合わせのシーンも嬉しい♪MCに登場したケンティが、「大人になったなぁ~」と聡マリの首をこしょこしょしたというお写真も載ってますが、まぁケンティの嬉しそうなこと(*^^*)感慨深かったんだろうなぁ。

聡ちゃんソロパフォ写真では、KAGUYAとMermaidが隣り合わせに載ってます。振り幅ー!!( *´艸`)

聡マリとJr.たちで大きなハートを作っている写真を載せてくれるとか、チョイスが素敵だな♪

「それはたまらなくかわいいと、かっこいいのギャップ」とライターさん。そうなのよ。ただかわいいじゃないの。”たまらなく”可愛いんだよね。まるっと同意だよライターさぁん( ;∀;)

●月刊TV navi 10月号(20170824発売)

今月号は、ちびーずへのインタビュー&ふまけんサマパラレポ。次号がふまけんインタビューとのことなので、ちびーずサマパラレポはその時かな?

腕相撲対決は、勝利<聡<マリの強さだったようで。ていうか、ちょりとの時は右手の聡ちゃん、なぜかマリちゃんとのときは左手ですねぇ。

インタビューはSTAGEコンの振り返りから。「”おめでたい”ライブだった」「今までとは全然違うコンサートだったと思う」というしょりマリ。すると聡ちゃんが口を開きます。

「僕は『STAGE』コンサートで、この5年間を振り返るのは最後にしないと、と思ってやった。」

ドキっとしました。ちょりパラ期間中に、いろんな偶然が重なったことで、ちょこっとTLがざわついた日があって。具体的に言うと、また「あの時代」が来てしまうんじゃないよね?という不安に苛まれて。自分でもビックリするくらい動揺したんですわたし。血が出るような転び方したとき、痛さで反射的に顔をしかめたり「痛い」と口にだしたりしちゃうじゃないですか。あんな感じ。「やだ。二度とあんなこといやだ」と心がざわついてしまって。今更そんなことあるわけないじゃんっていう穏やかな気持ちが一ミリも沸いてこなかったんだよなぁ。

あの時代があって本当に良かったよね?ね?と押し付けられそうになったら全力で否定します。これからも。けれど、毒ばかりを吐き続けるヲタ人生はまっぴらなのです。あの頃だって今だって、聡ちゃんの魅力に骨抜きにされてるのは変わらない年々ひどくなる

「後ろを振り返るのはこれでラストにして、これからは前を見てやっていきたいなと思う。」こう言い切る松島くんに、これからもずっとついていきます( *´艸`)

サマパラについてのインタビューでは、他メンバーのライブを語る松島さんがかっこよくて♡私みたいに、ただかっこよかったセクシーだったばかやべーじゃなく、楽しみながらもプロの目で観ているんだよね。だってこんなこと言ってんですよ?

「僕は今回、全員のライブに行ったんだけど、そうすると5人でライブをやるってなった時に『この人はこういうテイストでライブに挑みたい』っていうのが何となくわかるじゃない?そういう4人の意見を踏まえて、一緒にライブを作れたら最高だなと思ったから、全員のコンサートを見に行ったんだよね。」

がっごい゛い゛ィィィィ!!

マリちゃんからは、聡ちゃんがJr.をひっぱっている姿が男らしいと♡ソチャンは「普通に仲良くコミュニケーションを取っているだけだよ」と謙遜してましたが(^w^)。さぁさぁバックについたJr.くんたち!!ドル誌で何話したらいいかわかってるよね?(圧)

各々のテキスト、聡ちゃんは、「アイドルとファンの間の距離感を感じたくなくて」と言ってます。「職業がみんな違うだけで、同じ生きてる人間で一緒だよってことをすごく感じてほしい」前にもこんな話していた気がする。

そして、「いつもジャニーズを見て元気をもらって、そこに入ることが僕の夢だった。今はそれをなくしたらたぶん生きていけないし、それが僕の人生だと思うから、死ぬまでジャニーズでいたいということ」

ダンサーでも歌手でも俳優でもなく”ジャニーズ”なんだね。これから聡ちゃんたち世代のジャニーズが、よいところは引き継ぎ、そうでないところは改善していくんだろうな。ジャニーズだからと守られる部分、ジャニーズだからと軽んじられる部分、すべてひっくるめて生きていくんだね。なんて人に出会ってしまったんだろう(*^^*)

そそ、ちょりのテキストで、「ジャニーズメドレーもカバーをするということで、いろんなレコード会社さんにしっかり許可を取りました。」とありましたね。それと映像化はまた別だったりするのかな?今年こそカットなしで・・・何卒・・・(。-人-。)

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


検索フォーム
RSSリンクの表示
We love So (。^∪^)♡