聡くんの成長を見守りたいオトナ。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

ミチル

Author:ミチル
初めて「ジャニーズ」を知ったのはたのきんトリオ。中学生の頃光GENJIがデビュー。以降、さまざまなグループがデビューするも、ファンになるまでには至らず。

なのにすっかりオトナになった30代半ばでKinKi Kidsにハマり、30代最後の年にSexy Zoneにもハマる。大人ファンでございます。

KinKiは2人まるっと大好き。Sexy Zoneは松島聡くんを中心に成長を楽しませてもらってます。

最新記事
月別アーカイブ

聡マリという名のパラダイスへ

8月18日、聡マリという名の楽園に行ってまいりました!

今年も聡ちゃんとマリちゃんの創り出す、温かで優しく、ちょっぴりトンチキでハッピーに満ち溢れた世界に身を置けたこと、心から感謝し嬉しく思っています。

そして、今年の夏も松島聡さんは期待以上にグレードアップしておられました。

また担降り。何度だって”今”の聡ちゃんに担降り( ;∀;)

毎度おなじみ、レポは書けないので単なる備忘録でしかありませんが、主に自担に関しての感動を綴らせていただきますね。

とにかく、Jr.くんたちも頑張って歌ってくれてた昨年と違い、今年は聡ちゃんマリちゃんの歌声がよく聴こえました。聡ちゃん、高いキーも出ていたし、声量もアップしたように感じました。そしてなんといってもダンス!踊りっぱなし!早い段階からお顔も胸元も汗で輝いてましたが、しんどそうなそぶりも見せずに一切手を抜くことなくガンガン踊る松島くんに惚れる以外の選択肢なかったYO・・・( *´艸`) ボイトレにダンスレッスン、あれだけの曲数を踊り続けるスタミナつけるためにも、色々と努力したんだろうな。

セトリに沿って記録していきますが、前後したり発言はニュアンスだらけになったりします。そして1部2部混ざります。

ステージのスクリーンに大きな時計が映し出されていて、13時/17時になるとぐるぐる・・・ぴたっとその時間を指してライブがスタート。マリちゃんの英語ナレーションで絵本の世界へ誘われます。後のMCで発覚したことですが、その絵本の絵コンテを聡ちゃんが手掛けたと。仕上げ?はプロにお願いしたようですが、ほんわかと可愛らしかった♪聡マリを似せて描くの難しかった~みたいに言っていた記憶。

●Lady ダイヤモンド

衣装が素晴らしく似合ってました。カンカン帽っていうの?あの形の帽子、聡ちゃんめちゃくちゃ似合う(^w^)。いつもはちょり担当の俳句も聡マリ二人で。ナントカカントカ天使たち~♡ばーい、そうまりっしか覚えてなくてゴメンどこかの雑誌がコンレポに書いてくれるであろう

●キャラメルドリーム

衣装胸元の絵本部分をぺりりとめくると、SNOWみたいに頭に動物の耳がくっついた聡マリのお写真が♡これ、日替わりだったんですね。最終日はセクゾ5人だったとか。聡マリ愛の強い衣装さんが作ってくださったと会見レポで読みました。長いお付き合いって・・・よくメイキングに映ってるドレッドヘアのお方かしら?違うかな?

●Sexy Summerに雪が降る

ふまけんしょりのパートを聡マリで分担して、ちゃんと各々の声が聴こえるシアワセ・・・( ;∀;)。元々セクサマの聡ちゃんダンスが可愛くて大好きでしたが、ところどころ振り付けが滑らかになったなぁと感じました。主に手を動かすフリでね。何回も踊っている曲でもなぁなぁにならずブラッシュアップしてくる、そういうところが本当に大好き(*^^*)

●Hey you!

5人のときはとにかくシャカリキに踊る印象でしたが、程よく元気に丁寧に踊ってくれてたような♪「それがキミのオンステージ」の箇所でしゃがんで床にぐるりと円(ステージ)を描く振りが大好きなので、観られて嬉しかったです。

●影絵(聡ちゃん+Jr.)

聡ちゃんの手の動き担としてはなんてオイシイ時間だったのだろうと。フツーに影絵上手だったし、うさぎちゃんが可愛かった(*^^*)。心が通ってお付き合いして、でも別れてしまって・・・という物語を、影絵と聡ちゃんの朗読で。 これがまた優しい語りなんですよ。毎晩眠る前に読み聞かせしてほしい・・・そういうCD出そう?ぽにたん?手でうさぎを作っていた松島くん、途中から上半身使って、ある人はこう言った、みたいなお芝居をしたんですが、そこで客席から笑いが起こって。あそこ笑って欲しかったのかそのつもりなかったのかわからないけれど、私はずっと短いお芝居を観ている心持ちだったな(^^)

あの時バックに流れていた曲、じゃんぷの藪くんの「My everything」という曲なんですってね。文明の利器で拝見しましたが、あのシーンを思い出して切なくなるような、でもとても幸せな気持ちになります。未音源化なんて惜しすぎる( ;∀;)

●そばにいるよ(英語詞)/Welcome to the paradise/ONE GIRL/ダンケシェーン(マリソロコーナー)

そばにいるよの英語詞はマリちゃんが考えたそうですね。しっかり覚えてないけれど、スクリーンに映し出された日本語詞がとても素敵だったので、早く円盤で確認したい!

とにかくマリウス「様」でしたね。スラリとした長身で華麗にウェルパラを披露したかと思ったら、山P曲はクールにきめて。そしてダンケシェーンはハート型の風船をもったちびジュたちと。さながら大天使様に群がるちびエンジェルちゃんたちでした。そう、ここでついつい追っかけてしまったのが川崎皇輝きゅん・・・本当に彼はプロだわ。とても楽しそうに踊ってて、だんけしぇんの世界を彩っていたよ。

●GAME

赤い布がふわりと降りてきて、STAGEコンオープニング衣装の聡ちゃんが現れる。続いて衣装チェンジしたマリちゃんも出てきて、オレとオマエこれでライッバッルッしちゃうなんて・・・(*ノωノ)

ケンティパートをマリちゃん、ふまたんパートを聡ちゃんが歌ってましたね。力強い歌い方がかっこよかったです。

●Perfect Potion

各々ひとり掛けソファに座って。左足ひざたてて気だるげに歌う聡様ー( ;∀;)。からの、聡マリの絡みですよ・・・(ごくり)。イメージとしては、「Ghost~君は幻~」でのふまけんしょりの絡み合いみたいな。

松島くんの背後に立つマリウスさん、右手を聡ちゃんの右肩から左胸あたりにねっとりと滑らせてくんですよ・・・したら松島くんってば、我々に背を向けてマリウスさんと向き合ったかと思うと、首をやや右に傾けて、キスするかのようにマリウスさんを見上げながらくるりと移動するっていう・・・ヒッって言ったわたし・・・。普段からスキンシップが多い聡マリだから、こういった振付もヘンに照れずにスッと入り込めるのかなぁと思いました。雑誌のコンレポで知りましたが、この時聡ちゃん、マリウスさんに”顎クイ”してたのね。美しい!顎から首のラインが本当に美しい♡

●PARTY MANIACS

GAME、PPとがっつり踊ってきてさらにコレですよ。WESTさんの「パリピポ」というアルバムに収録されてるだけあって、クラブにいるかのようないったことないけどアゲアゲ感。聡ちゃんの好きなEDMってやつらしいですね。聡マリふたりでもあれだけクールにきめられるんですもの。こういう曲調5人でもやろうよー!!普段のきゅるるん可愛い聡ちゃんからは想像つかないのに、いざ歌い踊りだすとまぁハマること。どんだけ引き出し持ってるんだろうあのひと・・・すき・・・(*´ω`)

この曲の終盤で、聡ちゃんは衣装チェンジのためはけます。マリちゃんワントップになるんだけど、ソロコーナーからぶっつづけだからさすがにしんどそうに見えて、それがまたセクシーなんですよ。

●Mermaid(聡ソロ)

キラッキラ夏恋アイドルソングキタ――(゚∀゚)――!!

待望のソロ二曲目、そうきたか!上が水色、下がピンクでマリンルックとでもいいましょうか。セーラー服っぽいトップスのすそがキラキラしてたかな?そんなキュートな衣装に身を包み、歌い踊るのが楽しくて仕方ない!と言わんばかりの笑顔で跳ねまわってた印象です。

歌詞がまた甘いこと( *´艸`)。With youなど書いてくださったケリーさんが作詞なんですってね。私のニワトリ頭では、「会いたかったよ」「幸せにするよ」「離さない」みたいなこと言ってくれたのしか覚えてないけれど、私の超個人的解釈(願望含む)としては、昨年の初サマパラで出会ったマーメイド(ファン)と今年もまた逢えたね!やっぱりキミが好き!みたいに告られて愛されてる気分になれる曲でした。あ!すいません石を投げないでください・・・!音源が待ち遠しすぎます♡

●渚のお姉サマー/Summer上々!!/Ho!サマー

夏曲三連発♪聡ちゃんが引っ込むのと同時に浴衣姿のマリちゃん登場。聡ちゃんもマーメイド衣装の上から浴衣を着て割とすぐでてきてくれましたね。右の袖をたくしあげて飾りみたいなのをつけているから、右腕だけ露出していておんにゃのこのようかわいい

●MCタイム

昨年のサマパラで決まらなかった聡マリファンの呼び名が「Liebling」(リープリング)に決まったことの報告や、事前にファンから募った質問、やってほしいことに答えるスタイルでしたね。一部はゲスト無しだったので、聡マリの世界を存分に堪能させてもらいました。

そして2部。質問ボックスかもん!みたいに聡ちゃんが呼び込むと、現れたのはまさかのNEWS増田貴久くん。そぉ、聡ちゃんが尊敬してやまないまっすーセンパイですよ!会場のどよめきがすごかったです。

距離が縮まってんだかないんだか・・・という間柄(に見えた)な二人だったのが、ライブを観に来てくれる(聡ちゃんはフツーにいくもんねw)までになっていたとは!!聡ちゃんからまっすーには直接「来ていただけたら」と2回連絡したと言ってたかな?それだけでは足らず、まっすーのマネさんにまで根回しする松島くん(^w^)会場が、良かったねぇヨカッタねぇな雰囲気に包まれてました。

ここでの聡ちゃんの振る舞いに、成長を感じずにいられませんでした。

大好きな憧れの先輩がきてくださって緊張していただろうに、きちんとMCを回すんですよ。箱から質問を引くときや答える時、せっかく来てくれた先輩にうまく絡んでもらえるように気を配っていました。まっすーはまっすーで、先輩とはいえゲスト(見学)の立場をわきまえていて、お客さんはオレじゃなく二人をみたいんだから、と、あくまでも控えめ。さすがだなぁ。

それでも、うまくまっすーも交え、勿論マリちゃんも置いてけぼりにしない聡ちゃん。らじらーで鍛えてきたトーク力が見事に生きた時間でした。しかしまっすーの”RTTふまたんのマネ”、めちゃくちゃ面白かったなぁ(^w^)

MCのあいだ、何度も汗をおさえるふたり。ぬぐってもぬぐっても流れてきてたよね。そういう姿も素敵でした。全力の証だもんね。

聡ちゃんがソロコーナー準備のためにはけて、少しだけマリちゃんのひとりMC。1部ではグッズ(シュシュとヘアバンド)の宣伝プラスちょこっとお話していたけれど、2部ではまっすーにもグッズをつけてもらうといってその話題を使ってしまったから、どうするのかしら・・・と思っていたけれど、これまたマリちゃんもうまく繋ぐんですよね。

そそ、MCで面白かったのが、聡ちゃんがわざわざ狭いシャワー室を好むという話から、マリちゃんはエレベーターみたいな狭くて拘束感のあるシチュが苦手だという話になりまして。ちょいと脱線しますが、これわかりすぎて。私も同じ理由でエレベーター苦手だし、電車がイヤなのもそれなんです。マリちゃんがああしてみんなの前で話してくれたことで、あぁ私だけじゃないんだなと少し心が軽くなりました。

で、こういった症状をなんていうんだっけ?ときょとんな聡マリに、客席から「閉所恐怖症~!」の声があがるあがる。あぁそれそれ!「ヘイシャね!」と聡ちゃん。違う!へいしょ!しょ!と必死な客席。しかし松島さんはまだ間違える。3回目のやりとりでようやく、「あ!へい”しょ”かぁ!」と意思疎通できました♡いやぁ、聡ちゃんとの会話、楽しかった♪

あとは・・・ジャニーズ内でお兄ちゃんになってもらうなら?で、ニカちゃんを挙げてましたねそうちゃん。箱根旅行エピで、なんでもやってくれるの!丁寧に最後まで!とか言い出すもんだから、一部地域でザワついてたよ(・∀・)

他にもぽんこつ脳みそが覚えてる部分を簡単に。

立ち見もありがとね~と手を振る聡マリ。ギャー!と上のほうから歓声があがると、ちゃんと聴こえてるよと反応。

スタッフさんと3バルがどんな感じ(見え方?)か見にいったそうちゃん。

「恋は食べるもの(ニュアンス)」というマリウスさんに慌てるそうちゃん。その後、マリちゃんが聡ちゃんの腕あたりをパクパク~って擬音つけながら「食べて」た・・・

互いのソロパフォを褒める聡マリ平和 「マーメイドになりたい!ボクにも歌って!」「さっき歌ったじゃん!」のやりとりが可愛すぎて。しかしマリちゃんがマーメイドのパフォを「カッコイイ」と評したのがちと意外で。私含め客席は「カワイイ~」が多めだったよね?がっつり踊ってるからかな?と、ここでも決してマリちゃんの想いを否定しないソチャン

セクゾでエレベーターに乗ると、その空間がなんとなく気まずい。悪い意味じゃなく、世間一般的にも割とそうだよね。5年経って仲良くなったけれど、やはり先輩後輩意識はまだあるので、ふまけんをお先にどうぞしようとしても、タイミングがあわずごっつんすることも。

まっすーにNEWS愛を熱く語る聡ちゃんに、また始まったとリープリンクスクス(^w^)。キラキラアイドルとジャニヲタを行ったり来たりしてる聡ちゃんが本当に可愛かった。

●KAGUYA(聡ソロ)

19歳の松島くんの魅力をこれでもかと放ってきたパフォーマンスでした。原曲よりキーを下げていたようですが、それにしてもあんな高い声が出るなんて( ;∀;)。自身の歌唱力について、「高い目標がある」って雑誌で言ってたもんね。努力が確実に実になってきているんだろうな。はぁ、カッコイイ。囁くように、かつ色気たっぷりな「KAGUYA・・・」にはやられたわ・・・(*´ω`)

衣装がね、これまた良かったんですよね。みなさん良く覚えてるなぁと尊敬しかないんですが、セクゾサマリーで聡ちゃんが着ていた和衣装のリメイクなんですって?髪飾りがまた天才なんですよ。恐らくはトップの髪の毛をちょこっと結んで、そこに長く垂れ下がる和な生地の飾りをたなびかせて踊るのほんとずるい。無駄に多い布とか紐に弱いからなァジャニヲタは♡

個人的には、”傾奇者”というワードが思い浮かびましたが(花の慶次読んでたからさー)、それよりも可憐さがある。が、花魁かって言われるとも少し男性的。そこが聡ちゃんの魅力なんだろうな。

そして、なんといってもダンスですよ。昨年、一昨年の「FORM」では、松島くんが横にいるエア彼女を抱き寄せるような振り付けに悶絶してましたが、今年はなんと「和傘を女性にみたてる」っていうね!!違ったらごめんねまっちゃん

閉じた和傘を、まるで恋人を抱き寄せるかのようにしたかと思ったら、キスするように艶めかしく唇を寄せてたよね?ね??えろい。素晴らしくえろい(褒めてる)。これは映像化されたら一日一回以上摂取しないといけないやつ・・・。

ぽにたん、わかってるよNE? yes!カットの悪夢が頭をよぎる・・・

●Hurry up! (聡ソロ)

こちらもまたパフォーマンスがたまらない。ぺたんと横座りになったと思ったら、右手で自分を撫でまわすんですよ奥さん!!なんだろう。聡ちゃんって普段から手の動きが綺麗だなと思ってますが、だからなのか踊ってる時に自分の髪や体を触るしぐさがとても色っぽく思えて。しかもこれをKAGUYA衣装のままやるもんだから、なんかもうおひねり投げたい・・・。

●Ghost~君は幻~(聡ソロ)

ソロパフォーマンスにセクゾ曲を持ってくるとは!今回の聡マリサマパラは絵本仕立てで、聡ちゃんソロコーナーは彼のストーリーと解釈すると、ここでGhostを持ってきた意味がなんかこう・・・いや、わかんないけど。聡ちゃんの解説がききたいなぁ。

Ghostに入る前、バックのJr.に短いけれどひとりずつ見せ場がありますね。ここで使われた曲もにゅす先輩だとか。ほんと好きねぇ聡ちゃん。ここで衣装チェンジ。これがまた・・・また良き・・・(震)。シンプルな黒のタンクトップの上に、何本もの黒い紐でポンチョのようにした衣装なんですが、踊るたびに二の腕が見え隠れするんですよ。

聡ちゃんって、腕をがっつり出す衣装を着てる印象があまりないので、これだけでも興奮してしまう( *´艸`)。しかも、恐らくは紐ポンチョ(勝手に命名)を固定するための黒いバンドかな?それが腕を上げる度に脇あたりにチラチラ見えてさぁ・・・。おっと、性癖晒してスミマセン。

で、この衣装でのゴーストがほんとによかった!こちらもキー高めなふまけんパートも歌えてて。語尾がちょっと跳ねる感じの歌い方も好き。

●Break out my shell(聡ソロ)

大切な大切な、初めてのソロ曲。STAGEコンの時も思いましたが、去年のサマパラとは振付変わってたよね?こちらも好きだわ~(*^^*)。早く円盤で何度も堪能したい・・・。

そしてなんといっても、2番を歌ってくれたこと。さすがジャニヲタ

「起死回生 go for it ただひたむきに」この「ひたむき」という歌詞が彼にぴったりすぎて、発売当初は聴くたびにうるうるしてたなぁ。

ブレマイが終わり、マリちゃんの新ソロ曲イントロが流れ出す。ライトが当たらない場所をはけていく時も、まだブレマイの世界を保ってるの。この時の松島くんがめっちゃかっこよかった・・・。

●Déjà-vu(マリソロ)

マリちゃんのソロ3曲目。いやー、かっこよかった!!(/ω\) セクゾにも過去のマリソロにもないテイストだよね。こういったマリちゃんの強みを生かしたパフォをもっともっとみたいなと思いました。

●IF YOU WANNA DANCE

メインステージの高いところで短めのソロダンスを披露する聡ちゃん。なんといってもターンね。キレッキレにくるっとターンしてピタっと止まる。一緒に入ったお友達と「すごい・・・」「すごい・・・」って見入ってしまった。フェイクも聴けて嬉しかったなぁ。

●Knock! Knock!! Knock!!!

黒系衣装聡マリの後ろに、それぞれ赤・青・紫の飾りをつけた3人のJr.。Sexy Zone5人を思わせる布陣で、

「Knock! Knock!! Knock!!!” “Who's there?” “We're Sexy Zone”」

って叫ぶんですよ。ノクノク発売当時、まだまだコドモコドモしていた聡マリ。マリちゃんはもちろん、現在もふまけんちょりよりちっちゃいとはいえ、あの頃よりぐんと背が伸びた聡ちゃん。その二人があの頃とは逆に、ちっちゃいふまけんしょり(にみたてたであろうJr.)の前列でパフォーマンスするっていうのが、なんだかとても感慨深くて。

●風をきって

引き続きセクゾ5人を思わせる布陣での風をきって。ここでアレが登場するとは・・・!そう、ハート型の武器ですよ!!いやぁ、興奮しました。これ、少クラで披露した時に、ちょりがハートにキスする振付があって、なんて美しいんだろうとリピがとまらなかったので、聡マリもやってくれ!!と期待しましたが、この日はなかったと思われます(見逃してなければ)。が、オーラスではしてたらしいですね。収録あったことですし、超絶期待しちゃうよぽにたんんん!

●トラフィックジャム

トラジャムに入る直前、紐ポンチョを脱いで赤ジャケットを羽織るんですが、この間数十秒、二の腕があらわになるんですよ・・・。そ、そのまま何も羽織らないでパフォってくれてええんやで!!と心のオッサンが叫んでしまった(;・∀・)

あれだけ踊ってきてるのに、跳ねるような元気なダンスは健在で。確かこの曲だったか・・・?聡チーム・マリチームが交互に踊る時、聡ちゃんが後ろのちびジュを構ってたんですよ。紫色の衣装を着ていたかな。お顔をじーっと見合わせて、笑顔で。兄島くん炸裂で可愛かったです。

●雨だって

青系のイルミネーションで雨を表現しつつ、土砂降りみたいな激しめの雨音とともに始まりました。「♪赤や青や黄緑~」と歌いながら、後方のイルミネーションを聡マリが見上げると、その色に光って。「♪街に咲いた花みたい~」で、太陽のように温かみのあるスポットライトがぱぁっと照らされるのが印象的でした。

●Don't Stop Sexy Boyz! /この手をつなごう/スキすぎて/Make my day

すごい正直なこというと、ここらへんはもう、あぁ終わっちゃう・・・( ;∀;)と惜しむ気持ちが強すぎて逆にあまり覚えてない(^^;。

スキすぎてをバクステで歌ったとき、しきりに上のバルコのお客さんをみてたよね。どの席の人にも届けたい、楽しんでもらいたいという気持ちが伝わってきたよ。

本編最後は、再びスクリーンに絵本が登場。にっこり笑顔の聡マリツーショットがふわりと浮かんで、パタリと閉じる絵本。そこへひらひらとハガキが舞ってきます。そのハガキには、聡ちゃん直筆メッセージが。週刊TVガイド様がその写真を載せて下さってるから、円盤を待たずに確認できて感謝( ;∀;)。パチパチとごく自然に拍手が広がるTDC。素敵でした。

●Sweety Girl/High!! High!! People

かの有名な、息継ぎなしの爆裂聡マリコールを頑張っていたら、くま島くん+ピンクウスで登場♪やっぱこの曲はこの衣装よね。

トリはいぴー。STAGEコン、そして少クラで、聡ちゃんの変声後のフェイクに涙しましたが、まさか再びナマで聴けるなんて。2部では、ちょうど2回目のフェイクに入る直前に、マリちゃんの手が聡ちゃんのお顔に当たってしまったんですね。うぁぁと顔を押さえ、軽く笑っちゃいながらも綺麗なフェイクを聴かせてくれました( *´艸`)

そそ、1部かな?ステージぎりぎりはじっこに二人で腰かけようとして、聡ちゃんがなぜかバランス崩して後ろにごろんと転がっちゃったのが可愛くてかわいくて。

客席からみて(。^∪^)(* '-')並びで最後の挨拶をしていて。マリちゃんがまだ話している最中から、聡ちゃんが手をつなぐ準備をしてたんですが、その間手元はノールックなんですよ。腕を絡めて、そこからするすると手が下がっていってがっしり手を繋ぐっていう。あぁ、聡マリだなぁと思った瞬間でした。

ラストはマイクを通さない地声でメッセージをくれました。しかしちゃんと覚えてないかなしみ・・・(涙)。あ、でもこれは覚えてる。聡ちゃんが突然、今日会えたのは運命じゃありません!って言い出したんですよ。あのこそういうの好きそうなのに、運命じゃない?ファッ?と思ってたら、「愛です!」「オレらが会いたかったから会えたの!!」って。

そうだよね!人生は自分で切り開いて、掴み取っていくものだ!今回ダメでも次回は上手くいくかもしれない。まさに、

So what? Yolo!

ダブルアンコ頑張ったけれど叶わず。けれど、文句でも溜息でもなく、拍手が広がりました。聡マリちゃん聴こえていたかな?

最高に幸せな時間をありがとう!これからもずっとずっと大好きです(*^^*)



スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


検索フォーム
RSSリンクの表示
We love So (。^∪^)♡